デジタルイラスト初心者におすすめのイラストソフトと液タブ(自身のレビュー含めて紹介)♪

デジタルイラスト初心者におすすめのイラストソフトと液タブ(自身のレビュー含めて紹介)♪

はじめに

みなさんはじめまして!しがない絵描きのさなきち”と申します。
当サイトではこれからイラストをデジタルで始めたい方向けに、私が実際に利用しているイラストソフトと液晶ペンタブレット(以下、液タブと呼称)についてご紹介させていただきたいと思います。少しでもみなさまの参考になればいいなと思っております。
それではさっそく、実際にデジタルデビューするまでの手順を順に追っていきましょう(^^)♪

 

※なお、液タブではなくiphoneやipadでデジタルデビューされたい方も当サイトでご紹介させていただくイラストソフトを利用することで簡単にデジタルデビューできちゃいます☆

STEP1:CLIP STUDIO PAINT(通称:クリスタ)とは

ここでは、私に限らず多くのイラストレーター様が利用されている『CLIP STUDIO PAINT PRO 』というイラストソフトを紹介させていただきます。
クリスタが他のイラストソフトと比較して何故オススメなのか?それは以下のような多くの理由が挙げられます。
(以下、セルシス様クリスタ公式ページを参照)
【クリスタのシェア】
・グラフィックスソフト部門売上No.1
・利用率No.1
・多くのメーカーから信頼されている
・多くの教育機関で導入されている

【クリスタの使用用途】
・イラスト
・マンガ
・アニメーション
・デザイン
・アート
・小冊子etc.

【クリスタ対応端末】
・Windows
・MacOS
・iPad
・iphone

 

 私が実際に使っている感想ですが、クリスタでは無料で利用できるダウンロードツール(要課金ツールもあり)の数がハンパないです。公式様が作られたツールやユーザ様が作られたツールなどとにかく数えきれない量のツールがあります。
 私はどんどんいろんなツールをダウンロードしては試してを繰り返して自分に合ったツールを使っていますが、どれを使ったらいいかわからない!という方は最初からソフトに組み込まれているツールでも十分に創作が行えるので心配しなくていいと思います。

STEP2:クリスタのダウンロード手順

それでは実際にクリスタをダウンロードしてみましょう。

 

上のバナーリンクをクリックすると、以下のようにセルシス様のクリスタのページが開かれると思います。

© 2016 CELSYS, Inc.

ソフトのダウンロード&利用方法としては画像を見てわかるように
無料体験版ダウンロード
製品版一括購入
月額プラン利用
の3パターンありますので、ご自身の目的に沿った方法でダウンロードしましょう。
デジタルの右も左もわからないという不安な方は無料版でまずは実際に触ってみることをオススメします♪
最初から購入を決められている方は製品版をクリックして購入手続きに入ってください。

 無料版の場合はリンク先に利用する端末ごとにインストーラーへのページが設置されておりますので、ご自身が実際にイラストを描くのに使用する端末を選択します。
 選択するとインストーラーのダウンロードとアナウンスページが開かれると思いますので、アナウンスに従いソフトを使用できる状態にします。
 どうでしょうか、うまくインストールできましたか??
iphone、iPadでイラストを始められる方はここまで読んでいただければデジタルデビュー成功です☆あとは自分の創作意欲をかき立てて思う存分イラストを描きまくりましょう♪ソフトが自分に合っていればそのまま製品購入するもよし、合わなければ今回はご縁がなかったのかなって思いますが、私はきっと素敵なイラストライフを送ることができると思います!
 待って!私は液タブデビューーもしたいの!!という方はもう少しだけお付き合いください。次の項目から液タブのご紹介をさせていただきたいと思います。

STEP3:液晶ペンタブレット(液タブ)とは

簡単に言うと、手書きのように直接画面に書き込みができるデバイスです。
手書きのように描ける上にデジタルならではの加工やサポートツールもあり、アナログであるあるかもしれない『あ〜〜〜!紙が汚れちゃった!』『ペン入れ失敗した〜〜〜!』などのミスもデジタルでは簡単に修正ができちゃいます♪

 

そんな中で私がメインで利用している液タブが『 HUION 』様の液タブKamvasProになります。

STEP4:何故HUIONの液タブがオススメなのか

それは

低予算で購入することができる

・価格が安いにもかかわらず性能も品質も文句なし

だからです。
スペックの一部(KamvasPro20_2019モデル)を抜粋しますと
・業界最高水準の筆圧8192レベル(60°傾き検知有)(このレベルが高いほど、より繊細な描写ができます)
・AdobeRGBカバー率90%以上
IPSフルラミネートスクリーン
FullHD(1920x1080)
角度調節可能スタンド付き
・ショートカットキー搭載
その他にもイラストを描くのに十分なスペックを持ち合わせています。

 

私は他メーカー様の液タブも使っておりますが、この価格でこんなに高スペックなのにはとても驚きました。
メーカー様によっては同じスペックを再現するとなると下手したら価格は数倍になるかと...もちろん他メーカー様も他メーカー様で独自の技術を盛り込んだりしているからこその価格なのだと思いますが、20万も30万も払って失敗した...とはなりたくないですよね(汗
その点、 HUION 様は液タブデビューをこれからしたい液タブ初心者様にはコスト・性能ともとても優れているデバイスなのではないでしょうか。

STEP5:HUION KamvasProシリーズ価格比較

今回はこのKamvasProシリーズより、最も使う機会の多そうな4サイズの安値情報を記載させていただきます。(2020年5月現在)
実は16インチモデルよりも22インチモデルの方が安いのは私もびっくりしました!
それぞれの詳しいスペックについては各販売サイト様の紹介ページもしくは HUION 様の公式ページにてご確認してみたください。

Kamvas Pro12 Kamvas Pro13


\30,080(送料\1,000)


\37,558(送料込み)

Kamvas Pro16 Kamvas Pro22
\47,401(送料込み) \46,504(送料\1,000)

ただ、順位には変動がありますのでみんな大好き
Amazon
もご一緒に比較の参考にしてみてください!Amazonさんはクーポンもたまに発行されてるのですごくお得なときあると思います☆←ちなみに、私はAmazonさんでポチりました^^

STEP6:まとめ

今回の紹介ページのポイントだけをまとめると

イラストソフトを選ぶなら多くのデバイスに対応し機能も豊富・業界シェア率No.1のCLIP STUDIO PAINT PRO
液タブは低コスト・高パフォーマンスな HUION
この2点だけおさえておけばイラスト初心者の方やデジタル・液タブデビューを考えていらっしゃる方はOKだと思います!
一緒に素敵なデジタルイラストライフを送りましょう^-^

問い合わせ

ご連絡の際はこちらよりお問い合わせください。
(お手数ですが、迷惑メール防止のため件名に必ず『問い合わせ』と入力してください。)

page top